--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-10-26(Wed)

初めて収獲した鴨を解体から調理する。

人生初めての獲物を
解体して調理して大切に頂きます。


ハシビロガモ丸鳥[2016年10月]

先輩猟師さんに助けてもらいながら
毛むしり、産毛焼きに羽と首と水かきを除去までしました。

先輩猟師さんのサポートもここまで
後は自分が知っている限りの知識を活かし解体していきます。


ハシビロガモ肉[2016年10月]

全く写真を撮る余裕がありませんでした。

肛門周辺にはさみを入れて腸を素手で引っ張りだし、
砂肝・肝臓・心臓を水で綺麗にする。
間接に合わせてハサミで裁いていく。
ガラからもお肉をこそぎ取り
いつか出汁取りに使うためにガラをラップに包み冷凍庫へ
キッチンペーパーで血や水分を除去して
解体が完了しました。


ハシビロガモ肉のスキレット焼き[2016年10月]
お肉はジャガイモと玉ねぎと一緒に
バターを溶かしたスキレットに岩塩と胡椒を降りかけて
じっくりと焼いていきます。

ハシビロガモのモツ串[2016年10月]
心臓・肝臓・砂肝・ぼんじりは串にさしてモツ串にします。
彩りに銀杏串を添えて。

頂きます!

野生肉本来の味わいがお酒を進ませます。
心臓の味、うまく説明できませんが
飼育鳥では出せない旨味です。

個人的には手羽・心臓・ぼんじりが特に美味しかったです。

ごちそうさまでした!

猟師生活初めての獲物の味、
一生忘れられません。

お力をお貸ししてくれた先輩猟師さん、ありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんにちは

初めての獲物はわすれられませんよね。
僕も初めて自分で当てた鳥、いまでも覚えてます。
(鴨猟に行ってとった鳩でしたが)

大事に食べたくなりますよね。

Re: No title

> こんにちは
>
> 初めての獲物はわすれられませんよね。
> 僕も初めて自分で当てた鳥、いまでも覚えてます。
> (鴨猟に行ってとった鳩でしたが)
>
> 大事に食べたくなりますよね。

こんにちは、
コメントありがとうございます。

初めて食べた鴨のことは
これから何十年も続くであろう猟師生活ですが
大切な思い出として忘れる事はないです。

初めて頂いた命は大事に味わうことが出来ました。

No title

初獲物おめでとうございます!
興奮しちゃいますよね〜

新鮮なカモの内臓肉美味しいですよね、僕は心臓とレバー派です。
今年はキンクロとコガモを丸でスモーク(熱燻)しましたがオススメです。

Re: No title

> 初獲物おめでとうございます!
> 興奮しちゃいますよね〜
>
> 新鮮なカモの内臓肉美味しいですよね、僕は心臓とレバー派です。
> 今年はキンクロとコガモを丸でスモーク(熱燻)しましたがオススメです。


ありがとうございます。
初めての鴨が獲れた時は興奮してしまいました。
あとは、とにかく美味しく食べたいという気持ちが強かったです。

鴨燻製いいですね。
いつかは挑戦してみたいものです。

おめでとうございます

おめでとうございます。同じくオリオンで今年からです。こちら拝見していました。引き続きのアップを楽しみにしています。

Re: おめでとうございます

> おめでとうございます。同じくオリオンで今年からです。こちら拝見していました。引き続きのアップを楽しみにしています。

ありがとうございます。

オリオン使いですか!いいですね。
数少ない同じ銃を使う人が居るというのは
なんか嬉しいものがあります。

お互いに安全無事故で狩猟を楽しみましょう。

広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

猟師ずひ

Author:猟師ずひ

北海道を楽しむ新米猟師です。

こっそりと食べ歩きや写真撮りもやってます。

ブロとも一覧

長野県民的人生記

S&Hデポ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。