--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-11-13(Sun)

初めてのコガモを味わう。

風が強い日に単独猟で獲る事ができたコガモを調理して味わいます。
鴨との距離は20mぐらい、
空気圧は140ぐらいFXプレミアムペレットで一撃でした。
狩猟状況などは余裕が無さ過ぎて全く写真を撮ることができませんでした・・・


狩猟人生で2匹目の鴨「コガモ」の
毛を毟り、足先を除去して、
皮に残る太くて黒い毛を地道に抜いて、
内臓を引っ張り出します。

肝臓には白い何かが付いており、
砂肝は弾が直撃しており
食べられそうな状況にないので
肝臓と砂肝は諦めました。
解体後のコガモ[2016年11月]


次に、
ハシビロとコガモの出汁[2016月11年]
前回収獲してきたハシビロガモと今回のコガモのガラで
出汁スープを作ります。
ニンジン・玉ねぎ・パセリの茎と一緒に
じっくりと煮詰めます。
必要な分だけ残して、あとはタッパーに入れて冷凍庫へ

コガモ蕎麦[2016年11月]
幌加内町のお蕎麦と麺つゆに出汁とコガモ胸肉を合わせて
コガモ蕎麦の出来上がり。
小さなお肉ですが噛めば強い味わいが口の中に広がります。
特製つゆも後味に野鴨の風味がでており
蕎麦をすするよりもつゆを飲むのが止まりませんでした。

お肉の破片とお野菜[2016年11月]
心臓とぼんじりは野菜と一緒に並べて

コガモの燻製と赤ワイン[2016年11月]
首肉、もも肉、手羽、ささみは燻製にして
赤ワインと一緒に味わいました。

ごちそうさまでした。

野鴨蕎麦はまた作りたいです。
鴨すき焼きもやってみたいものです。

次は、いつ獲れるでしょうか・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

コガモ(こちらではタカブといいます)ゲットおめでとうございます.幌加内は私もこの夏行ったのでそばを買ってきましたが,残念ながら鴨がとれる前に全部食べてしまいました.笑

こちらでは明後日解禁ですが,実際に行ける初猟は週末の鴨撃ちです.新人さんを連れて行く予定なので,もたせてあげる分以上に獲れないと自分の割り当てがありません.がんばろうにもこればっかりは神頼みですからね.笑

No title

僕も先日散弾銃ですが、みぞれ雨の中コガモを射獲することができました。まだ内蔵しか食べていませんがうわさ通り美味しい鴨だと思います。
鴨の警戒心が強い地域では静かで射程距離が長いエアライフルは有利ですよね〜

Re: No title

> コガモ(こちらではタカブといいます)ゲットおめでとうございます.幌加内は私もこの夏行ったのでそばを買ってきましたが,残念ながら鴨がとれる前に全部食べてしまいました.笑
>
> こちらでは明後日解禁ですが,実際に行ける初猟は週末の鴨撃ちです.新人さんを連れて行く予定なので,もたせてあげる分以上に獲れないと自分の割り当てがありません.がんばろうにもこればっかりは神頼みですからね.笑

ありがとうございます。

新人さん無事に鴨ゲットできましたでしょうか。
まだまだ続く猟期を安全無事に楽しんでください。

Re: No title

> 僕も先日散弾銃ですが、みぞれ雨の中コガモを射獲することができました。まだ内蔵しか食べていませんがうわさ通り美味しい鴨だと思います。
> 鴨の警戒心が強い地域では静かで射程距離が長いエアライフルは有利ですよね〜

コガモ美味しいです。
小ぶりなお肉ではありますが
濃厚な鴨でした。
いつかまた獲りたいものです。

広告

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

猟師ずひ

Author:猟師ずひ

北海道を楽しむ新米猟師です。

こっそりと食べ歩きや写真撮りもやってます。

ブロとも一覧

長野県民的人生記

S&Hデポ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。